画家 長谷川 資朗
SHIRO HASEGAWA

1956年 宮城県仙台市生まれ
1981年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2011年 個展(藤崎百貨店)
初めて日本の古典文学を主題とした作品を、
洋画様式で制作・発表する。
2013年 個展(藤崎百貨店)
万葉集・源氏物語を主題とし、
伝統文様による新様式で制作・発表する。
2014年 個展(エトワール画廊)(水戸京成百貨店)
古典文学主題・伝統文様表現の展開を発表する。
2015年 個展(藤崎百貨店)
伝統文様・蒔絵風油彩の表現形式を確立する。
2016年 パリ個展

画家 長谷川資朗は、日本の古典文学、
万葉集・源氏物語を主題として選び、油彩等で制作をしています。

表現様式として、従来の美術・工芸と言った範疇に囚われることなく、日本の伝統文化を継承し、新しい日本の絵画を創ることを目指しています。特に、伝統文様とそれを描く工芸技法、さらに日本の表現様式に見られる象徴性・抽象性を重視しています。

サイト名「初瀬」は、奈良の古い地名に因っています。万葉集にも源氏物語にも馴染みの深いもので、今の「長谷」にあたります。
© Shiro Hasegawa All rights reserved.