万葉集シリーズ

万葉集シリーズ

人の姿が、歌によって浮かび上がる風景や季節の象徴となり、文様と共に日本人の心に潜むアニミズムや古い信仰を語り、新しい万葉の世界を創ります。背景は白い雲母で塗られ、その上に地紋が胡粉を含む白で描かれ、隠れる文様が光の角度で姿を現します。


万葉集シリーズ「夕風」

万葉集シリーズ「夕風」

我がやどの いささ群竹 吹く風の
音のかそけき この夕へかも

万葉集シリーズ「夕風」
530x424mm


万葉集シリーズ「能登」

能登

能登の海に 釣りする海人の いざり火の
光にいませ 月待ちがてり

万葉集シリーズ「能登」
410×335mm


万葉集シリーズ「なでしこ」

万葉集シリーズ「なでしこ」

秋さらば 見つつ偲へと 妹が植ゑし
やどのなでしこ 咲きにけるかも

万葉集シリーズ「なでしこ」
380×455mm


万葉集シリーズ「印南国原」

万葉集シリーズ「印南国原(いなみくにはら)」

香具山と 耳梨山と あひし時
立ちて見に来し 印南国原

万葉集シリーズ「印南国原(いなみくにはら)」
455×880mm


万葉集シリーズ「引馬野」

引馬野に にほふ榛原 入り乱れ
衣にほはせ 旅のしるしに

万葉集シリーズ「引馬野(ひくまの)」
530×424mm


万葉集シリーズ「三輪山」

万葉集シリーズ「三輪山」

三輪山を 然も隠すか 雲だにも
心あらなも 隠さふべしや

万葉集シリーズ「三輪山」
140×209mm


万葉集シリーズ「富士」

万葉集シリーズ「富士」

天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 富士の高嶺を 
天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず
 白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける 語り継ぎ 言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は

万葉集シリーズ「富士」
455×880mm


万葉集シリーズ「熟田津」

万葉集シリーズ「熟田津(にきたず)」

熟田津に 船乗りせむと 月待てば
潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな 

万葉集シリーズ「熟田津(にきたず)」
530×424mm


万葉集シリーズ「都想い」

万葉集シリーズ「都想い」

あおによし 奈良の都は 咲く花の
薫ふがごとく 今盛りなり

万葉集シリーズ「都想い」
455×380mm


万葉集シリーズ「蜻嶋

万葉集シリーズ「蜻嶋」

大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 
国原は 煙立ち立つ 海原は かまめ立ち立つ うまし国そ あきづ島 大和の国は

万葉集シリーズ「蜻嶋(あきづしま)」
455×880mm

PAGE TOP