隠久日記

カメラ不在

愛用カメラを修理に出して一ヶ月以上、修理完了予定が来月中旬との連絡が来る。この間、複写用カメラを使って撮影するつもりだったが、どうしたことかその気になれない。

昔からカメラは大切にする。しかし、このカメラでなければと言うような拘りを持ったことはなかった。ところが今回は、何故か、あれでなければ撮る気が起こらないのだ。

自分にとって自動素描機とも言える白黒写真専用のカメラは、初めて特別な存在になったのだろうか。

もっとも、どんなカメラを使っても、ただのコピー紙に適当なペンで線を引く充実には及ばないが。

関連記事一覧

PAGE TOP