隠久日記

不在中の出会い

修理に出したカメラが戻ってくる。この間、一月半余り、他のカメラでは撮影する気になれず、他のことに気を取られていた。

実は、ちょとした心労を伴う事態に巻き込まれてしまった。しかし、その困難を共にする人が簡単には巡り会えない素敵な人々だったので、ただでも足りない制作時間は損なわれるが、彼らとの出会いが嬉しいのだ。これは視点を変えれば災難ではなく幸運でもある。

関連記事一覧

PAGE TOP