隠久日記

ニワトリと卵

ここ二ヶ月余り源氏物語シリーズの新作「末摘花」に手こずっている。率直に描こうものなら悪趣味になりかねない。しかし、面白いことに、物語中の登場場面や言及のわりには後世の研究が以外と多い。要するに謎なのである。

それで、コンセプトに従って絵を描くのではなく、絵が新しいコンセプトを生み出せば良いと考えた。私が語れないところを文様が語るのである。絵画の存在理由は描かれることによる。

関連記事一覧

PAGE TOP