士やも 空しくあるべき 万代に 語り継ぐべき 名は立てずして  山上憶良

全てを捨てたとき、自分の絵が見えた。

全てを捨てたとき、自分の絵が見えた。文様は選んだのではなく、やって来たのだ。独創性とは何かに憑かれることである。

PAGE TOP