士やも 空しくあるべき 万代に 語り継ぐべき 名は立てずして  山上憶良

六条院

新作のため若菜・下を久しぶりに読む。焦点を紫上にするか柏木と女三宮にするか考えながら筋を追っていたら、見事に繋がっていることに気付く。紫上が病に倒れ、源氏が二条院にいる隙を狙っての情事だった。その紫上に取り憑いた物の怪が六条だから全て縁に思える。六条院は源氏の栄華を象徴的に表す大邸宅だが、そもそも縁起の悪いところでもある。
かつて女三宮の幼さの象徴として夏椿を使ったが、この帖では柳に喩えている。新作では彼女のひ弱さの象徴として使えそうだ。

PAGE TOP