士やも 空しくあるべき 万代に 語り継ぐべき 名は立てずして  山上憶良

古典文学を主題とすることは、

古典文学を主題とすることは、表現の幅を限定するが、その不自由さが作品の展開を助けてもくれる。

PAGE TOP