士やも 空しくあるべき 万代に 語り継ぐべき 名は立てずして  山上憶良

絵の成り立ちが朧なように、

絵の成り立ちが朧なように、その説明も定かではない。絵に意味があって、それを解説するように見えるが、この因果関係は逆転している。ならば、この時、絵の作者だからと言って特権的な立場を占めることはできない。作品について作者に聞いても何も解決はしないのだ。説明を強いられる作者は陳腐な役割を演じることとなる。

PAGE TOP