隠久日記

危ないこと

優れた表現は鑑賞者の想像力を引き出し育んでくれる。暗夜行路の尾道は、映画に見たそれよりも、臨場感を持って充実している。

身を委ねれば、感覚を刺激する表現、気付かぬうちに空虚が広がる。

危険を自覚して映画を見る。

押せば写る写真、何かを撮っているつもりで撮らされている。今この時に、液晶画面を見るのか。

危険を自覚して写真を撮る。

関連記事一覧

PAGE TOP