隠久日記

自分の時間

延々と同じ形の文様を描き続ける時、その単調な反復作業には気を紛らわすBGMが必要と思っていた。それが何故か、かえって邪魔になる。そのようなものはあって欲しくないと感じる。目の前の苦しさから逃げたくない。

音楽の流れ乗らず自分の時間を支配したい。この傾向は制作から生活の場にも影響を及ぼす。主体的な活動なしに、ただ受け身で様々な刺激に浸食されることに嫌悪を覚えてくる。

ほとんどテレビも見ないしラジオも聞かなくなった。受け取り方や質の問題ばかりでなく、これでもかと押し寄せてくる自己主張の波が耐えられない。ネットの方は選択が自在だから上手く避けることも可能、とは言っても動画視聴に耽っていてはテレビと大して変わらない。

昔はテレビドラマも見たし、映画も好きだ。だが何かが間違っていると言う思いが消えない。想像力なしで楽しめる娯楽は人生の浪費ではないか。何より大切なのは自分の現在をしっかりと見つめて掴んでいることだ。もちろん、これが頑なすぎる考えなのは承知している。

関連記事一覧

PAGE TOP