隠久日記

雀物語

源氏物語シリーズの「若紫」をほぼ描き上げた。場面としては、源氏の歌

いはけなき 鶴の一声 聞きしより 葦間になづむ 舟ぞえならぬ

を取り上げた。

「若紫」で思い出すことがある。前に我が家の庭に来る雀について書いた時、源氏に詳しい某コレクター氏より、それは犬君が逃がした雀でしょうと言うメールが届いた。我が家の雀は京の北山から飛んで来た、確かにそう思えてくる。

関連記事一覧

PAGE TOP